自主性が大事|ISO14001やISO22000で問題に貢献

女の人

ISOを取得してみよう

笑顔

コンパクトなものもある

国際規格にはさまざまなものがあるのですが、その中にはISO14001というものが存在します。これは組織内で環境問題に取り組んでいるということを証明してくれるものなのです。ISO14001を取得していると、自分たちの会社が環境問題をしっかりと考慮して営業しているとアピールできるようになります。ちなみにISO14001を承認してもらうには第三者機関を利用するのです。取得するときにはマニュアルを読んで知識を身につける必要があるのですが、500ページ位あるのでかなり大変といえます。世の中には、500ページを簡易的にまとめたコンパクトバージョンを売っているところもあるのです。これを見れば直ぐに内容を把握できるので使ってみると良いでしょう。

取得方法とは

ISO14001を取得するにはまず環境に与えている要素を調査する事になります。幾つかの要素があるときには大きく影響を与えている物を明確にするのです。環境に関する法律というものがあるのですが、これは自分の会社に該当しているものをはっきりとさせます。調査結果によってこれからの方針や改善をするべきところなどを決めていくのです。結果によって環境マニュアルを作成したり、模擬演習などをして強化します。ISO14001は審査が2回用意されているのです。第一段階では環境マニュアルの運用手順書などをチェックします。第二段階では、定められた運用手順書通りに仕事をしているのかチェックを受けることになるのです。これらのチェックを経て取得できます。