自主性が大事|ISO14001やISO22000で問題に貢献

女の人

環境への意識

オフィス

20世紀以降の世界情勢は二度に亘る世界大戦を挟んで修正を加えられながらも、基本的には拡大路線が推進されました。しかし、21世紀直前には路線の限界が明らかになるに及んで、特に環境問題が顕在化すると将来性に対する不安も拡大するようになりました。その結果、国際的な環境に対する枠組みとして、ISO14001が発行されました。商業活動では利益追求が基本的に必要になるので、経済的拡大は重要です。一方で、国際社会の総意として環境に対する取り組みが策定されたため、参加しなければ社会的評価を下げる恐れがあります。そのため、社会構成員として積極的に環境問題に取り組んでいることを明確に示すために、ISO14001の取得は人気があります。

ISO14001を取得するためには、企業活動に対して様々な条件が課されて審査を受ける必要があります。その過程では業務内容における非効率的作業や廃棄物処理に関する項目があるので、漫然と継続していた業務の見直しや改善に役立てて効率的な企業体質に構造改革を図る機会として活用できます。その結果、収益性を向上させることに繋がる可能性もあります。また、ISO14001を取得している環境問題に対する社会的責任を担っている企業として、消費者だけではなく所管する官公庁や取引企業に対する企業イメージを向上させることにも役立ちます。更に、企業体質として定着させることで、従業員教育として業務の効率化を継続させることにも活用できます。