自主性が大事|ISO14001やISO22000で問題に貢献

女の人

事業での環境対策の一環

メンズ

検討すべき有効性

ISO14001とは業務システムにおける環境対策マネジメントを公的に評価する認証規格の代表格です。ISO14001認証の取得を検討する場合、その意義が上がる様な有効性がある業務システムには、大きく分けて2タイプがあるとされています。第1に、実際に環境への直接的な有効性がある商品を提供している事業が該当します。環境負荷の予防効果を持つ商品やサービスを普及させるという事はそのまま、ISO14001の理念が目指す環境汚染予防に向けた取り組みとなり得ます。また業務システム効率化を推進すべき、無駄を持つ事業も該当します。効率的な仕組みや短時間での業務を行えているのであれば、同等の成果を生む非効率的な方法と比べてエネルギー消費が少なくなるため、環境負荷軽減に繋がります。また少ない設備投資で成果を残す事に繋がるため、利益の向上や更なる環境負荷対策への投資に繋げる事にもなり得ます。こうした有効性に繋がる事業内容かどうかを判断すると有効だとされます。

具体的取り組みの目安

ISO14001では事業で盛り込むべき、環境対策や汚染予防に繋がる対処の目安を定めた、様々な手法の基準が扱われています。その一方で具体的な内容や基準に関しては、あくまで事業の責任者やトップが判断し、そのトップが現場の状況を加味して管理するという、トップダウン型による管理体制が確立される事を図った規格とされています。このため、ISO14001で定められた目安を効果的に活用した環境マネジメントシステムを確立するためには、事業のトップが現場の状況を把握した上での認証取得をするか否かの検討が求められます。そして実際にシステム構築を行う場合は、必要な根幹部分の基準を取り決め、文書化しておくという形式にすると、実行や踏襲、改定もしやすいシステム内容に繋がるとされています。